Weekly SPA! 2021.07.06 今週の顔 May'n



’08年、『マクロスF』で衝撃的な歌声を響かせたMay’n。第一線を走り続ける歌姫の夢とは



『マクロスF』当時は18歳

アニソンといえばLiSAが『鬼滅の刃』でブレイクしたが、’08年、『マクロスF』で衝撃的な歌声を響かせたのが、当時まだ18歳だったMay’n。

 以来、アニソン界の第一線を走り続け、海外にも多くのファンを持つ。

「先日、中国発のSNS・Weiboのフォロワー100万人突破記念で生配信をしたら、1時間で30万人以上もアクセスがあり驚きました。最近は欧米やアジアだけでなく、南米など新たな地域からのアクセスも増えています」

変わらない私のまま、変わり続けてきた

 今でこそ世界的な人気を誇るが、『マクロスF』のヒロインの一人、シェリル・ノームに出会うまでは、2、3人の客を前にライブをしていたことも。

「シェリルは私に歌う場所を与えてくれた。でも、当時の私は歌うことに必死で、まだ未熟でした。だから今は、歌い手、作り手としての表現力をもっと深めていきたい。デビューから16年間は、変わらない私のまま、変わり続けてきた軌跡でもあるんです」

 近年は、ミュージカル初挑戦で名優・市村正親と共演するなど、新境地を切り開く。30日には4年ぶりのフルアルバムをリリース。

「夢は地元のバンテリンドームでライブ! ちょっと大きすぎるかな(笑)」

 歌姫の大いなる挑戦に期待したい。

【May’n】
愛知県出身。これまでアニメ、ゲーム、映画の主題歌を数多く担当し、日本武道館や横浜アリーナで5度にわたり単独公演を開催。30日にニューアルバム『momentbook』をリリースし、9月上演予定のミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』にグロリア役として出演


 

Ads

Ads

Ads