Weekly SPA! 2021.05.25 今週の顔 芹澤優



ソロデビュー4周年の芹澤優が感じる成長「SNSの反応に傷ついて大号泣したことも」

声優アイドルグループ「i☆Ris」のメンバー、ソロアーティストの顔も併せ持つ芹澤優。5月19日にリリースする新曲では、DJ KOOやMOTSUとともに、4周年を迎えたソロアーティストとして、新たな一面を見せる。常に輝き続ける芹澤優が目指すものとは―。

ずっと「今の私が一番かわいい!」



声優アイドルグループ「i☆Ris」の芹澤優が5月19日、コラボユニット“芹澤 優 with DJ KOO & MOTSU”として、「EVERYBODY! EVERYBODY!/YOU YOU YOU」をリリースする。今年でソロ活動4周年の彼女が、自身の成長を感じる部分とは―。

「これは恥ずかしいから言ったことがなかったんですけど、’17年にミニアルバムでデビューした時は、SNSの反応に傷ついてベランダで大号泣したこともあったんです。でもその頃に始めたボイストレーニングやいろいろな経験を経て、自分に確かな自信を持てるようになったと思います。’19年には声優アワードで助演女優賞をいただけたのも大きかったですね」



「昔の自分は良かった」とは思いたくない

自らの殻を打ち破った彼女の次なる目標は、やはり自分との闘いのようだ。

「大尊敬する歌手の森高千里さんや、声優の田村ゆかりさんみたいに、いくつになっても素敵な方が大勢いますよね。私も10年後や20年後に『昔の自分は良かった』とは思いたくないから、そのためのケアや努力は怠らないようにしています。ずっと『今の私が一番かわいい!』って状態を維持したいんです」

 そんな自分磨きに熱心な彼女の前に立ちはだかるのは、「一年で一番嫌いな梅雨」なのだとか。

「汗でメイクも落ちるし、くせっ毛なので前髪もぐちゃぐちゃになるしで、最悪じゃないですか。傘を差しても靴や服がちょっと濡れたりするくらいなら、いっそのこと傘は持たずに歩きますね。家から駅まで、ずぶ濡れになって堂々と歩いて帰りたいです(笑)」

 最後にワイルドな一面も見えたが、風邪をひかないように気をつけて!

【芹澤優】
’12年に結成された、声優とアイドルを両立するユニット「i☆Ris」のメンバー。’17年にソロデビューし、今回はTRFのリーダーDJ KOOと人気アニメ『頭文字D』主題歌などを手がけるラッパーのMOTSUとのコラボユニットを結成。リリースされる2曲はTVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω』(TBS系)のOPとEDテーマ曲


 

Ads

Ads

Ads