Flash 2021.04.20 No.1599 堀江りほ DMM正社員は、なぜヌードになったのか?



「合同会社DMM.com」といえば、動画配信事業やオンラインゲーム事業、FXなどの金融事業を主力として、40以上のサービスを幅広く展開している大企業である。同社のアミューズメント事業部に所属する正社員・堀江りほさんが、大胆グラビアでスーツを脱ぎ捨てた!



大学卒業後に、銀行、不動産業を経て、‘18年12月に現職に就いたという彼女。まずは、ふだんどのような仕事をしているのかを聞いた。

「所属しているアミューズメント事業部は、『DMMぱちタウン』というパチンコ・パチスロの機種情報や、全国の店舗情報を配信するアプリに関わっていて、私はそこに掲載される広告の販売営業をしています。担当は、関東エリアの約120店舗です。東京だけではなく、茨城などにも車を走らせて営業に行っています。この仕事は努力したぶんだけ、はっきりと結果がついてくるところがおもしろいですね。」

 堀江さんは、なぜグラビアに挑戦したのか。

「大学時代から芸能界に憧れており、当時はフリーで撮影会モデルやイベントの広告モデルをしていました。卒業の時期になり、私は堅実に企業就職するという道を選んだのですが、夢は捨てきれませんでした。『挑戦しなかったら10年後に後悔するのではないか』と思ったのです。

 DMMを転職先に選んだのは、せめて裏方という形でも、芸能の仕事に関わりたかったから。エンターテインメントと関係深い企業イメージがありましたしね。ただ、パチンコ店のイベントに出演するタレントさんの姿を見ていたら、表舞台に立ちたいという思いが再燃してしまいまして…。

 DMMは副業を認めていることもあり、思い切って芸能プロダクションに所属してみようという決意を固めました。ありがたいことに、パチンコ業界はグラビアとの親和性が高いので、職場も取引先も温かく見守ってくれています。応援してくれるみなさんの期待に応えたくて、大胆なグラビアに挑戦しました」



ほりえりほ
26歳 ‘94年10月11日生まれ 千葉県出身 T160・B86(D)W60H88 大学卒業後、銀行員、不動産会社営業職を経て、‘18年12月にDMM.comに入社。アミューズメント事業部に所属する。会社員の業務と並行して、芸能活動を昨年より正式に開始した。夢はスロット台のモデルになること。そのほか最新情報は公式Twitter(@official_riho)にて

※デジタル写真集『週刊実話WJガールズデジタル写真集』は日本ジャーナル出版より発売予定


 

Ads

Ads

Ads