Young King Bull ヤングキングBULL 2020.06 黒木ひかり




“ハタチの高校5年生”黒木ひかり、制服&キュート水着のグラビアアザーカットが到着

ゼロイチファミリアに所属する黒木ひかりが5月7日(木)発売の『ヤングキングBULL』(少年画報社)の表紙巻頭に登場。先月に続いての同誌グラビアへの起用となる黒木のインタビューとアザーカットが到着した。

【写真】“5年目のアオハル”、黒木ひかりの制服&水着カット【写真9点】

今年6月に20歳の誕生日を迎える黒木。まだ高校を卒業できておらず、この春から高校5年生となることが決まったことについて「ついにハタチの高校5年生です。段々笑えなくなってきましたね!」と明るく答えている。

2カ月連続のグラビアへの起用については、「本当にありがたく思います。今回の撮影でもたくさんの可愛い衣装を着させていただいたんですけど、その中でもセーラー服は『しくじり先生』などでしか着たことがなかったので新鮮でした。はやく皆さんにお見せしたいです!」と語り、見開き2ページを使った“5年目のアオハル”というタイトルについて「“5年目のアオハル”って初めて聞きますよね(笑)。めちゃくちゃ響きが良くて面白いので気に入ってしまいました!イメージは清涼飲料水のCMなんですが、ものすごい青空の下で正統派で爽やかに撮っていただけて。まぁ5回目のアオハルなので他の子とは経験が違いますから(笑)。でも徐々に確かに5年目だ、やばいなとも思いました。高校生としては仙人の域に来ちゃいました。今年度こそ卒業頑張ります!」と笑いを誘った。

高校5年生の意気込みについて聞かれると、「周りは18歳で自分は20歳ということで正直違和感しかないですが、一番は友達を沢山作りたいです。妄想だと、沢山行事に参加して、沢山の思い出をクラスメイトと作って、みんな大人になったら集まって懐かしい思い出を話したりとかしたいです」と言い、外出自粛中の過ごし方については、「学校のレポートなどをやってから息抜きでテレビゲームをやったりしています。心をリフレッシュしたい時は家の掃除をしたり、『クレヨンしんちゃん』やディズニー映画、コメディーを観たりしてハッピーな気持ちを保っています。ただずっとお家にいるとだらけてしまいがちなので、基本的にお家にいても動くようにしています」と語ってくれた。


 

Ads

Ads

Ads