浜崎あゆみ役に大抜てき! 今注目の安斉かれんに直撃インタビュー!!








「M」や「BLUE BIRD」「SEASONS」など、時代を彩るさまざまな名曲で日本の音楽シーンを牽引してきた浜崎あゆみさん。そんな"平成の歌姫"誕生の裏に秘められた、出会いと別れの物語を描いた小松成美さんの小説「M 愛すべき人がいて」が、初の実写化! 安斉かれんちゃん、三浦翔平さんのW主演と、鈴木おさむさんの脚本でドラマを盛り上げます。

あらすじは、'93年、祖母の幸子(市毛良枝)と福岡から上京したアユ(安斉)は、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす毎日を送っていました。ある日、友人で歌手志望の理沙(久保田紗友)に誘われて、レコード会社専務で名プロデューサーのマサ(三浦)が出入りするというディスコに足を運んだアユ。VIPルームに赴いていたマサは、会社の売り上げを人気プロデューサー・輝楽天明(新納慎也)1人が担っていることへの危機感から、直属の部下・流川(白濱亜嵐)に「お前が売れると思う奴を連れてこい!」と指示します。そこで理沙たちに紛れてやってきたアユの堂々とした姿に心を動かされ……といった展開に。

すべてが"衝撃"の第1話放送に先駆け、主演・アユ役を務める安斉さんにインタビュー。大役を務める上でのプレッシャーや楽しみ、初挑戦となる演技についてやご本人の人となりについてなど、さまざまなお話を伺いました。

 

Ads

Ads

Ads