Weekly Playboy 2020.05.19-20 No.19 奥山かずさ #リアルセルフィー




奥山かずさ、外出自粛で自宅セルフィーグラビア挑戦

女優の奥山かずさが、「週刊プレイボーイ」19&20号(4月27日発売)に登場した。

奥山は、自宅での自撮りグラビアに挑戦。「自粛生活を送っている中、自宅にいながら何か自分に出来ることはないかと考えました。そこで思いついたのが、セルフィーグラビア。この場をお借りして、少しでも多くの方に癒しを提供できますように」とコメントしている。



奥山かずさ、自身発案“セルフィーグラビア”で美バストちらり<アザーカット&コメント到着>

今回、自宅でセルフィーグラビアに挑戦し、ランジェリー姿での色気たっぷりショットを披露した奥山。セルフィーグラビアは自ら持ち込んだ企画だそうで「この状況の中で、いつも応援していただいてる、お家で自粛生活をされている方々にもなにかしら自分なりにできることは無いか考えていたところ、家の中でセルフィーグラビア出来るかもしれないと考えました!」とコメント。

撮影は「実は私は自撮りが得意ではなく、自信がありませんでした。なので自撮りの研究すごくしました(笑)。そして、メイクや衣装のバリエーションを考えたり、ライティングを変えてみたり、自分がやってきたグラビアの経験を生かして撮影に取り組みました。客観的にみたらすごい画だったと思います(笑)」と工夫した点を明かした。



― 奥山さんが自主的に持ち込まれた企画と伺いしました。発案された経緯を教えて下さい。
この状況の中で、いつも応援していただいてる、お家で自粛生活をされている方々にもなにかしら自分なりにできることは無いか考えていたところ、家の中でセルフィーグラビア出来るかもしれないと考えました!

― 撮影時に工夫された点やエピソードなどを教えて下さい。
実は私は自撮りが得意ではなく、自信がありませんでした。なので自撮りの研究すごくしました(笑)。そして、メイクや衣装のバリエーションを考えたり、ライティングを変えてみたり、自分がやってきたグラビアの経験を生かして撮影に取り組みました。客観的にみたらすごい画だったと思います(笑)

― 見てほしいポイントは?
SNSに自撮りを一枚載せるのとはまた違うので、週プレのページに載るということを意識しました。特に家で自撮り、となると同じような写真ばかりになってしまいます…。そこで、テーマやストーリーを自分で決めれば見てくださる方に楽しんでもらえるのではないかと考えました。誰得かはさておき、今回見てほしい私のセルフィーグラビアのテーマは「私と過ごすおうち時間」(笑)。自撮りをしているとき常に、誰かといる感覚を大切にしました。このセルフィーグラビアを見て、私と一緒に家にいるような気持ちになっていただければ嬉しいです。

― 美ボディをキープするためにご自宅で実践されていることがあれば教えて下さい。
以前は体型を“キープ”するために、トレーニング、ストレッチをする、というルーティンがありましたが、家にいる時間が長くとれる今、“キープ”ではなくて“チェンジ”したいと思っています!せっかくたっぷり時間があるので、この事態が収束した時、会う方々に「身体が変わったね」と言われたいです。私は自分がなりたい理想の身体が明確にあるので、そこに向かって本格的に自宅でのトレーニングを楽しんでいます。

― コロナで外出自粛が続く状況下で奥山さんはタレントとしてどのような表現や発信を続けていきたいですか?今ファンへ伝えたいメッセージをお願いします。
これからもこの状況の中で、私にできることをどんどん探し続けていきます。私自身もステップアップする期間だとポジティブに行動しつつ、みなさんに明るい気持ちを持ってもらえるような活動をしたいです。また以前のような日々に戻れることを楽しみに、一緒に乗り越えましょう!

 

Ads

Ads

Ads